Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

ISO 28000 サプライチェーンのセキュリティマネジメントシステムは、製造拠点から販売拠点にいたるまで商品を保護します。

他国間にまたがる貿易の拡大に伴い、サプライチェーンにも犯罪要素が進入する機会が増大しています。 ISO 28000 認証によりリスクを削減してください。

ISO 28000 認証規格に基づくサプライチェーンのセキュリティマネジメントシステムは、サプライチェーン業務全体のリスクレベルを識別します。 次にこの情報は、貴社のリスク評価、および支援管理ツール(文書管理、主要経営指標、内部監査やトレーニング等)による必要な管理を実施できるようにします。

SGS による ISO 28000 監査により、貴社のサプライチェーンセキュリティマネジメントシステムのビジネスプロセスとしての管理、およびその効果の測定と改善が可能になります。 これは、ハイリスクの心配があるエリアへの経営資源の集中が可能になることを意味します。 さらに国際規格に基づいたベンチマークも可能になります。

また、貴社がセキュリティマネジメントを事業活動やその他の多くの側面に関連付けることにも役立ちます。 当社の ISO 28000 監査は、サプライチェーンセキュリティに影響する組織により管理され影響を受ける全ての活動を対象にします。これにはサプライチェーン全体の商品輸送も含まれます。

当社ならギャップアナリシスを実施し、ISO 28000 規格に対して貴社システムを監査することができます。必要なら認証プロセス全体をご案内いたします。

当社は世界をリードする検証および認証機関として、下記を含む全ての世界的および地域的セキュリティ要件について監査を実施できます。

  • TAPA FSR (認証も可能)
  • TAPA TSR および
  • C-TPAT

SGS による ISO 28000 認証により、サプライチェーンセキュリティマネジメントシステムへの取組を証明し、世界中で商品とブランドを保護できます。