Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSのビタミン分析試験は、適切なビタミンの含有を検証し、食品メーカーや卸売業者をサポートします。

食品メーカーまたは卸売業者は、自然の形でビタミンを含有する食品ならびに合成ビタミンを添加した加工食品を分析する責任があります。 例えば、生産過程やサプライチェーンから小売店への流通過程において、熱や紫外線によって、ビタミンBやビタミンCが失われたかを試験する必要があります。 

このような試験を行うことで、貴社のラベル表示の正確さ、意図する市場の規制遵守、最高品質の商品の製造・販売を確実にすることができます。 弊社の試験サービスは、ビタミンやミネラルが国内および海外の規制で定義された適切なレベルにあるかを実証します。

SGSの試験所は ISO 17025 認定を取得しており、厳しい品質管理システムのもと運営されています。 弊社では最新技術を用いて、様々な脂肪や水溶性ビタミンを試験するとともに、脂溶性ビタミンの同時分析を行います。さらに様々なLC (液体クロマトグラフィー)技術を使って、水溶性ビタミンを分析します。

迅速で高コスト効率そして独立した弊社のビタミン試験サービスは、試験が困難な特定のビタミン(ビタミンDなど)の検証に最適です。 また 他のビタミン(ビタミンBなど)とのグループ試験をすれば、時間とコストを節約することができます。

栄養学および栄養表示の専門知識と最新の試験設備によるサービスをぜひご利用ください。ビタミン分析試験サービスの詳細は、SGSにお問い合わせください。