Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

林産物の加工・流通過程の管理(CoC)認証により、お客様が取引または使用する林産物が適切に管理された森林由来か、又は他の管理供給源由来かを証明することが可能となります。

丸太から製材、家具や木材パルプまで、お客様の原材料がどこから来たのかを正確に知ることはますます重要になっています。 また、必須条件はさらに厳しくなり、消費者は、環境問題を認識し、適切に管理された森林からの木材を求めています。

SGSによる加工・流通過程の管理認証を利用することにより、世界中のどこでも誰もが、お客様の木製品の原産地及びそれらの木製品の製造過程を迅速に判断できます。 CoC認証は、原産地からサプライチェーン全体にわたる木材のトレーサビリティを保証する重要な役割を果たしています。

最終消費者ならびにお客様の顧客は、このような保証をより強く求める傾向にあります。

どうやってサプライチェーンの評価をしますか?

お客様のサプライチェーンを認証するために、弊社監査員が、製品の製造、加工、流通の各現場を視察します。 各現場で、以下の確認が行われます。

  • 製品の識別
  • 製品の分別管理
  • 記録保管

これら詳細確認が完了し、全てが規則を満たしている場合、フルレポート及び加工・流通過程の管理認証が発行されます。

この基本的なプロセスは効率的に行われ、約20日以内に終了します。

弊社は様々な加工・流通過程の管理(CoC)基準および森林管理認証審査(FM)プログラムと照らし合わせた総合的な監査を行うため、お客様は時間とコストの両方を節約することができます。 弊社のグローバルネットワークは、FSC™、PEFC™、SFI™ が認可した条件に基づいて運営されています。 ご要望がある場合は、詳しい情報を提供いたします。

SGSはCoC認証とともに、森林管理プログラムおよび林業施業基準の認証も行いますので、時間と費用の節約が可能です。 森林管理では、広く認められている多くのプログラムに対する認証を行います。

SGSは、森林管理で広く認められている多くのプログラムに対する認証を行っています。