Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSのホスピタリティ エクセレンス プログラムは、ビジネスチャンスを拡大し、リスクの管理と低減を実現し、ツアーオペレーターや旅行者に貴ホテルの魅力をアピールします。

国際評価システムはその方式、パフォーマンスの測定基準値(KPI)、透明性において実に多種多様です。 当社のホスピタリティ エクセレンス プログラムは、独自かつ確実に検証した貴ホテルの食品安全と環境管理規範を顧客、ツアーオペレーター、保険会社に提供することで、他社との差別化を図ります。

既存の認証スキームとは異なり、このプログラムは自主的なもので、第三者機関が ホテルに対して通常評価と抜き打ち評価を行います。 ホテルの経営陣が潜在リスクを認識し、リスク低減のための適切な対応を取るのに役立ちます。

モジュール

市場ニーズを反映して、このプログラムは必須モジュール1個、食品安全、さらに様々な自主的モジュールで構成されています。 自主的モジュールは現在、開発中です。

食品の安全性

  • 食品の調達、管理、準備に関するあらゆる側面
  • 保存、準備、給仕エリアの衛生と清潔度

全ての自主的モジュールは、特定のホテルと顧客ニーズを満たすものであり、標準業務手順(SOP)とチェックリストが設けられています。

監査結果は、国内外の他ホテルとのベンチマークや比較に利用することが可能です。 当社の監査員は、所在地に関係なく、確実な結果を提供いたします。よって世界中で、検査結果を比較に活用していただけます。 さらにお客様は、Stetonツールを使ってトレンドを特定・分析することができます。

プロセス

このプログラムに参加する際は、どのモジュールを活用するか、介入と通常・抜き打ち評価の最低回数などを決定していただきます。 現場評価の回数は、ホテルのパフォーマンスと特定されたリスクによって異なります。 全てのサンプル試験は、ISO 17025により公認されたラボにより行われます。

SGS 性能マーク

ホスピタリティ エクセレンス プログラム基準を満たしたホテルに対しては、コンプライアンス証明書が発行され、建物内でSGS性能承認マークと、その達成を強調するマーケティングツールを使用することができます。

必須スキームと自主的スキームの組み合わせ

当社のホスピタリティ エクセレンス プログラムは、法令順守のニーズと最高の自主的スキームを組み合わせています。

  • SGS 衛生モニタープログラム
  • Codex 食品規格 CAC/RCP 1 – 1969 改訂 4 (2003)
  • HACCP 前提条件
  • ツアーオペレーター連盟– 食品衛生、 Preferred Code of Practice(推奨行動規範、2007年6月)
  • 審査済み試験限度、清掃: DIN 10516:2009-05、食品衛生 – 清掃&消毒
  • 該当する現地規制

SGSのホスピタリティ エクセレンス プログラムを選ぶ理由

世界中のほぼあらゆる地域で、当社の専門家は現地の言語を話し、現地の文化や市場を理解し、一貫した信頼性できる方法で業務を行います。 当社がクライアントにサービスを提供するアプローチは統一されており、ホスピタリティと食品サービスにおいて世界最大級の専門家のネットワークを活用します。

詳細は、今すぐ当社までお問合せ下さい。