Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

このトレーニングは、ISO 28000に基づいたサプライチェーンセキュリティマネジメントシステム(SCSMS)の開発、実現、および運用について紹介します。

ISO 28000の要件に準拠しているSCSMSは、サプライチェーンでの商品の輸送を含めたすべての段階で組織のサプライチェーンのセキュリティリスクと脅威を検討・管理するために役立ちます。 これにより、リスクの高い懸念のある分野にリソースと努力の焦点を合わせ、管理されステークホルダーへの責任があるプロセスとしてセキュリティを実証することができます。

トレーニングの完了時に以下のことが可能になります。

  • ISO 28000:2007の目的について説明する
  • ISO 28000:2007の要件について説明する
  • ISO 28000の条項同士の関係について説明する: 2007
  • SCSMSの継続的な改善のためにISO 28000を使用する方法を理解する

このトレーニングは、ISO 28000に基づいてSCSMSの開発、実施、および管理にかかわる人々のための入門編です。 内部監査および審査員コースなど、その他のISMSトレーニングを受講する予定がある場合は、このコースの中で、ISO 27001において監査スキルを構築するための知識と理解を得ることができます。

トレーニングは、講義とワークショップ演習で構成されています。

参加者がこのコースに参加するには、情報セキュリティマネジメントシステムまたはISO 28000の知識があることを前提としていません。

ISO 28000入門コースの詳細は、SGSまでお尋ねください。