Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

多くの組織が、業務の中断・阻害を引き起こすインシデントに直面する可能性があります。

ISO22301認証は、その潜在的な脅威が現実のものとなった場合に、有効に機能する手段となります。 この規格により、貴社が効果的な事業継続マネジメントシステム(BCMS)を策定し、業務の中断・阻害に、効果的に対応することができます。 SGSは、BCMSの認証機関として、貴社の事業継続マネジメントをご支援します。

BCMの全体的なプログラムは、事業継続計画(BCP)や、訓練、演習、定期的なレビュー等の活動を通じて管理されなければなりません。 貴社が深刻なインシデントを経験したことがない場合でも、ISO22301に基づくBCMSを構築・運用することにより、主要な業務プロセスや様々な脅威による影響を明確にすることができます。

BCMには、ISO22301の要求事項でもある、事業影響度分析(BIA)が不可欠です。 BIAにより、貴社が主要な製品・サービスを支える重要な活動、依存関係、資源を特定し、さらに、これらの中断・阻害が組織に与える可能性がある影響を評価することができます。

SGSのISO22301認証により、貴社のレジリエンシー(復旧力)が高まります。また、貴社の顧客をはじめとする利害関係者に、適切な事業継続マネジメントシステムを導入していることを示すことができ、貴社に対する信頼性が高まります。

SGSでは、認証取得をご支援するための各種のトレーニングコースを開設しています。

ISO22301認証についてのご相談は、SGSまでお気軽にお問い合わせください。