Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSによる食品放射能試験は食品およびその原材料が国際放射性核種制限を満たすことを確証します。

2011年の福島および1986年のチェルノブイリにおける原子力事故によって食品や飲料水の放射能汚染リスクに関して政府、産業および消費者の懸念は増加しています。 弊社最新鋭の放射性核種試験研究所はISO 17025認証を受けており貴社製品の関連放射汚染の測定および検知の手助けとなります。

どのように放射能同位体は食物連鎖に入り込むか。

食料品の汚染は基本的に次の3方法で起こります。

  • 表面汚染 – 人間や動物に消費される農作物の表面に放射性粒子が付着します
  • 地盤汚染 – 植物や農作物が汚染された地盤や土壌水分を代謝する可能性があります
  • 水質汚染 – 海や淡水の海産物は汚染水からの放射性粒子を堆積する可能性があります

弊社の試験サービスは製品および人員の安全を確証すると同時に損害賠償のリスクを最小限にします。

測定可能な放射性元素。

すべての放射性元素が測定可能であり、弊社はガイガーカウンター、ガンマ線スペクトロメータ、液体シンチレーションまたは比例計数管などの計測機器で測定できます。

SGSを選ぶ理由。

食品放射能に対する法令への適合性について弊社の食品安全性試験の国内および国際専門知識は高い信頼性を持っています。

SGSによる食品放射能試験によって消費者、サプライヤーおよび貴社の出資者に対して食品の安全性を実演できます。