Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSの種子用特別試験はよりよく情報を得た上で業務を行うことを支援し、ビジネスの競争力を強化する支援を行うため品質その他の基準を評価します。

当社のラボネットワークは、異なる種子の種類に対して様々なテストを実施して、グローバルプレーヤーのリソース及び専門知識を地方レベルで提供します。 当社の種子健康検査サービスは、種子処理応用検証(STAV)とPOM試験(タンパク質、油や水分)が含まれます。 その内容を以下の完全なリストに掲げました。

果皮テスト

当社の迅速なグリーンテストは、欠陥がないかどうか種子の皮膜(または果皮)を調査する果皮損傷試験です。 その結果は、全体的な種子の品質とお客様の商品としてその価値を判断するのに役立ちます。

種子の健康検査

当社は国内販売や輸出に関する情報に基づいた意思決定をすることができるようにするため、御社の作物にどんな植物病が影響を与えているかを識別する支援を行います。

国際種子検査協会(ISTA)のほかアメリカ合衆国国立種子健康システム(NSHS)からも認定を受けている当社は、様々な病原体の多くの異なる種子健康検査を実行することができます。

STAV

このサービスでは、種子の用途が適切かつ可能な限り最高の品質で完成することを確実にしています。 処理後のサンプルをテストすることによって、当社は適切な処理率が適用されたかどうかを判断し、将来の種子検査の正確さを確保することができます。

また、御社のシード処理機器キャリブレーションを支援するための検証済みサンプルを使用することによって当社の種子サービスを活用することができます。 これは過剰処理による時間の無駄とコストを防ぐことができます。

POMテスト

穀物の品質を決定するために、当社は、湿気分析、オイル分析やトウモロコシ、小麦、丸大豆のタンパク質分析のために穀物アナライザを使用しています。

シェイクアウトサービス

当社は、受領から48時間以内にバルクフィールド収穫物試料にこのテストを実行します。 バルクトウモロコシまたは特定のロットに関連する品質問題がある場合は、バルクサンプルについて皮除去前の色の分類をご用命いただけます。 アウトシェイク後 当社はまた小さなグローアウトプロットのサンプルをパッケージ化することもでき、-御社の貴重な時間を節約し、エラーの機会を減らすことができます。

当社の特別なテストなら種子の品質を決定し、ビジネスの競争力を強化するために必要な情報を提供できる方法についてご説明しますので今すぐSGSにお問い合わせください。