Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

鉱山、農場、工業活動は粉塵や灰燼を発生させている可能性があります。

SGSの環境サービスチームは粉塵サンプルを取り問題のモニタリングを行い、将来的に粉塵発生量を制限するための処置をいっしょに考案します。 現場作業をクリーンアップするための支援方法についてご相談ください。

粉塵や灰燼の監視は、過度の粉塵排出をもたらす優先管理区域や変動を特定する上で費用対効果の高い方法です。 試験は比較的短期にできますが(特定の苦情の発生源の識別等)、普通は何年もかかります。 多くの鉱山では粉塵量を粉塵間地面とシステムの効果を見る主要指標として使用しており、鉱山の寿命期間さらに回復期間を通して粉塵監視ネットワークを運営しています。

弊社のチームは問題の程度を同定するため、フィールド監視技術を使用します。 計測された粉塵量が法定限界値を超えた場合、その量を削減するための最良のソリューションを提案します。

SGS のサービス例:

  • 包括的粉塵発生量の監視システムの設計
  • 適切な設備を使用するシステムの実装
  • サンプル収集や交換の管理用監視、フィールドチーム派遣
  • 分析実施、定期報告
  • システムの認証取得支援、貴社の代理での認証取得監視サービスの実施

特定拠点で風雨が粉塵蓄積の原因である場合、今後の粉塵降下に影響しそうな気候要因を分析します。 このため貴社事業の今後の営業のために関連する要因を全て考慮した包括的クリーンアッププランを策定できます。

対処の必要がありそうなその他の健康や安全の問題について見当するためにリスク評価もできます。 例えば、貴社の敷地が該当する可能性のある場合には粉塵効果を行い、放射能等有害性がないかどうか調査することができます。

弊社の有資格チームは、高価で危険な粉塵降下に対してセーフガードの構築支援を行うことができます。 今すぐお電話の上、貴社のための画期的ソリューションのために当社との協業を是非始めてください。