Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

このトレーニングは、混乱時の事業活動継続を支援することを目標にデザインされています。

ビジネス継続性管理システム(BCMS)は、主な業務を定義して重大事件の脅威から保護するためのトレーニング活動・演習・レビューを管理する方法を示します。

ISO22301の原則に基づいた効果的かつ包括的なBCSMの確立は、重要な活動・共依存領域・主要製品やサービスに必要なリソースの特定を支援するビジネス 影響分析(BIA)の実施に不可欠です。BCMSは、このような領域における障害の影響に対する見識を与え、最悪のシナリオに備える戦略的・戦術的な手段を立案できるようにします。

このトレーニングを修了した参加者は、以下を習得できます。

  • ビジネス継続性管理システム(BCMS)の目的を説明する
  • ISO22301で定義されたBCMSの確立・導入・運用・監視・見直し・改善に必要なプロセスを理解する
  • ISO22301の目的、内容および相互関係を説明する
  • BCMSの継続的改善のための道具としてのISO22301の目的や要件を理解する

このトレーニングは、ISO22301に基づいたBCSMの開発・導入・管理に関与する方全般を対象にしています。社内監査員および主任監査員トレーニングなどの他のトレーニングを完了する計画がある場合は、このコースの中で、その上に監査スキルが構築される、ISO22301の知識および理解を得ることができます。

このトレーニングは、講義と工場演習から構成されます。

このトレーニングおよび内部BCMS監査者トレーニングを無事修了することは、国際審査員登録機構(IRCA)の内部監査員としての認証のためのトレーニング要件の一部を満たしたのと同じことになります。

ISO22301意識向上トレーニングが障害発生時に業務を継続するためにどう役立つかを知りたい方は、今すぐSGSにお問い合わせください。