Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

ガソリンの品質管理は生産者、取引業者と物流業者にとって基本的なリスク管理の点から重要です。

SGSでは、どんな仕様に関する相談にも対応するフルスペック試験を実施します。 これらの仕様には、EN 228などの欧州規格、米国材料試験協会(ASTM)のD4814、カリフォルニア州大気資源局(CARB)、米国環境保護庁(EPA)、コロニーパイプラインおよびその他のパイプライン仕様が含まれます。

SGSのラボでは、RON(リサーチ法オクタン価)、MON(モーター法オクタン価)、RVP、蒸留、硫黄と密度のルーチン同定を含む全範囲のガソリン試験サービスを提供しています。 製油所、備蓄施設、貯蔵タンクやパイプラインからガソリン試料を採取してガソリンの全特性を分析します。 弊社のグローバルラボネットワークを通して、関心を持つ利害関係者にリスク管理施設のネットワークを提供しています。

SGSが選ばれる理由。

RFG改質ガソリン、従来のガソリンともに試験と検査サービスのことなら、まずSGSにお問い合わせください。 弊社ラボは世界中でガソリン全項目試験サービスを提供するとともに、政府 (EPA等)当局の認可方法に厳格に準拠して試験を行っています。

弊社の経験豊富で高度な訓練を受けたアナリストは先端技術を装備した近代的ラボで活躍しています。 弊社ラボ施設の大部分はISO17025認証ラボであり、最高度のラボ規格による分析試験を提供できることが保証されています。 SGSはラボ品質を維持し、社内およびサードパーティーのラウンドロビン方式のテストプログラム、社内および独立監査、厳しいトレーニングと競争的コンプライアンス規格への参加を通して能力を監視しています。

SGSの石油・天然ガス貨物取引検査の実施は常にISO、CENまたは地域的および国家的規格機構により規定されたAPI、UOP、GOST、MPMS、ASTM、IPまたはENの試験方法と仕様等の一般通用性のある石油石化関連規格に基づいて行っています。 カスタム構築された、または当社のお客様により提供された分析方法も特定契約による仕様であれば使用可能です。

当社は一取引(または複数の取引)におけるリスク管理を支援するため、参照、使用すべき最適な規格に関してコンサルティングいたします。 作業実務、規格と技術関連の包括的な技術コンサルティング、サポートも提供しています。

アクティブな産業リーダーであるSGSは多くの主要機関、標準化機構やASTM、ISO、CEN、EI(エネルギー研究所、元石油研究所)やIFIA等内部技術作業部会のメンバーです。

SGSのガソリン試験サービスについて、詳細をお問い合わせください。