Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

組織のサプライチェーンにおける商品の安全性を保証するには、TAPA貨物セキュリティ要件を実施します。

薬剤、医療、タバコ、ハイテク機器などの高価な商品を倉庫や配送センターに保管する事業では、この基準を採用して、これらの倉庫や輸送業者の倉庫を保護します。

SGSは、技術資産保護協会(TAPA)によって世界的に承認されており、TAPA貨物セキュリティ要件に対する認証評価を実施しています。 弊社のTAPA認証評価には、出入管理、従業員確認、国境保障、侵入者防犯装置、監視システム、高価値保管場所、輸送遅延など、業務全般の要素の監査が含まれます。 監査工程では、倉庫、配送センター、混載施設において懸念のある場所を探すと同時に、運転手に対する安全対策の最低限度を指定できるようにします。

サプライチェーンマネジメントにおける重要な関連として、TAPAのロジスティック認証では、セキュリティの強化と改善、さらにお客の要求事項への適合に対する取り組みを実証します。

弊社は世界をリードする検証および認証機関として、下記を含む全ての世界的および地域的セキュリティ要件について監査を実施できます。

  • ISO 28000(認証も可能)
  • TAPA TSR 
  • C-TPAT

SGSと提携して貨物セキュリティ要件に対するTAPA認証を行うことにより、有益な競争上の優位性もたらす技術的に優れた人材や持続可能な顧客関係などのプロセスを適切に実行できます。 弊社は、物流およびサプライチェーンのセキュリティ分野における大手企業です。

貨物セキュリティ要件に対してSGSによるTAPA認証を行うことによりサプライチェーンセキュリティを改善します。