Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

安全審査、機能安全評価、プロセス認証、その他のサービス – ISO 26262への適合性の証明は、一層困難になっています。

SGSには機能安全の認定機関として、長年にわたり自動車産業と連携してきた実績があり、ISO 26262に関連する完全な範囲のサービスを提供しています。

2018年の規格第2版の発行によって、認証達成が困難になることが業界の安全管理者によって予測されています。 業界は自律的なコネクテッドドライビング、Eモビリティー、サイバーセキュリティの各分野に進出していることから、このことは特に当てはまります。 ISO 26262の最も厳格な要求事項は、多くの人にとって自動車エレクトロニクスの開発プロセスを変化させる圧力として作用します。

自動車産業向けの機能安全サービス

幅広い経験と専門知識を持ったSGSのチームは、概念からシステム開発、そして現場での対策の確認まで自動車の安全を熟知しています。 SGSの自動車機能安全専門家は以下のISO 26262に関する完全な範囲のサービスを提供しています。

  • 研修及び個人資格認定
  • コンサルティング
  • 安全分析
  • 安全管理者代理
  • 評価及び審査
  • 資格認定及び認証

自動車安全サービスの価値の付加

また、SGSは例えばエレクトリックモビリティーを対象とした複数アプリケーション分野にまたがる製品安全に関して、裁判の証拠として使用可能な証明書を提供しています。 また、SGSはサイバーセキュリティの認定機関として、SAE J3061、今後予定されている新規格のISO/SAE 21434(自動車サイバーセキュリティ)の関連する全ての安全及びセキュリティ研修、認証を提供できます。

さらに、SGSは国際的なISO 26262及びISO/SAE 21434からドイツ標準化機構の国内規格までの共同設計に関与しています。

SGSがどのように貴社の自動車機能安全を支援できるかご覧ください。 SGSまでお気軽にお問い合わせください。