Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

複雑な半導体の設計者、製造者、システムインテグレータは機能安全の要求事項に適合しなければなりません。

これは知的財産(IP)、集積回路(IC)などの安全関連の半導体エレメントに対する規格に適合することを意味します。SGSは規制に関する知識とシステムオンチップ(SoC)産業に関する実際的な経験を有しています。

半導体向けSGS機能安全サービス

SGSは産業の枠組みを超えて規格を提起し、信頼を高めるために半導体製造のサプライチェーン全体が獲得に向けて努力できる「ASIL x ready」認証マークを開発しました。

また、SGSは幅広い範囲の分析、評価、監査、技術コンサルティング、トレーニングサービスを提供しています。

  • ISO 26262、その他の規格(例:IEC 61508)に従った半導体開発プロセスの適合性に対するギャップ分析
  • 半導体開発のISO 26262(またはIEC 61508)に適合したプロセスの導入に関するコンサルティング
  • ISO 26262、TR 62380、SN 29500を含めた規格に準拠した半導体関連の専門家による安全分析
  • 機能安全プロセス監査
  • 「ASIL x ready」としてのICおよびIPの認証を含めたISO 26262(またはIEC 61508)、ISO/PAS 19451に準拠した機能安全評価
  • ISO 26262の要求事項の解釈に関する半導体関連のトレーニングコース
  • 半導体自動車機能安全プロフェッショナル(SC-AFSP:Automotive Functional Safety Professional)としての個人資格認定
  • ISO 26262(またはIEC 61508)などの安全規格に準拠した工場検査
  • ISO 26262第10部に準拠したコンテキスト独立の安全エレメント(SEooC:Safety Element out of Context)としてのIPおよびICの評価および認証

半導体向けの機能安全評価および認証における幅広い経験と専門知識を持つSGSは、コンソーシアムとアライアンスの専門パートナーとして組織をご支援できます。SGSは現在、助成金によって運営される数多くの機能安全プロジェクトに参加しています。

SGSの機能安全サービスの詳細について知るには、今すぐSGSまでお問い合わせください。