Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

貯鉱は、中に含まれる物資の体積や重量を判定するために、測定する必要があります。

SGSは、最新式のレーザーベースの測定方式であるトータルステーションを使って、表面全体が露出している備蓄を測定します。 SGSはその後、港・精製所・製造設備・鉱区の鉱物備蓄の正確な測定をお客様を提供することができます。 このデータは、規制に対するコンプライアンスを保証し、備蓄や在庫を素早い継続的な計算によって管理することを可能にします。

世界中にいるSGSの専門スタッフには、そのような独立した備蓄監視・測定に関する幅広い経験があります。 SGSは、お客様と協力して、物資の体積や重量の完全かつ正確な測定を行います。 正確な備蓄評価や測定は、お客様に以下のような数多くの利点を提供します。

  • 財務報告書・消費税・融資のための透明性の高い在庫評価
  • 国家その他の法的規制に対するコンプライアンス
  • 購入や備蓄管理を立案・管理するのを助けるデータ
  • 日単位の仮報告書を含む極めて素早い在庫計算

トータルステーションの備蓄測定

SGSの専門家は、トータルステーション法を、投棄によって作られた不規則備蓄の測定にも、コンベヤーによって作られたより管理された備蓄を測定するためにも使います。 SGSは、備蓄を測定することによって取得されたデータをトータルステーションのデータロガーに入力してから、それをPCにダウンロードして、実際の体積を計算します。 またこのデータは、Civil CADソフトウェアを使って備蓄の等高線図を生成するために使われます。

密度および総トン数の判定

SGS技術専門家は、ドリリングや密度検出機器を利用して材料の密度を判定します。 SGSの機器は、貯蔵パイルの密度を正確に特徴づけるために使われるデータを収集することを主な任務とする、専任の専門家によって操作されます。 備蓄密度データは、備蓄の総トン数を計算するために使われます。

正確かつ信頼性の高い備蓄在庫測定は、バラ積み貨物の検査・管理における信用あるリーダーであるSGSによって提供される、貨物および船舶サービスの一つです。