Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

LNG製品の商契約上の所有者移行時、代表的非汚染サンプルの回収が規制的コンプライアンスと御社の契約義務の履行証明のために重要です。

SGS LNG サンプラー分析装置は最小のスペースしか占有せずに拠点における軽い炭化水素ガスの標本分析と測定の簡単で精確であり費用対効果の高い手段を提供するにように設計されています。

LNGポータブル サンプラーの使用

サンプラーはABB社のガス クロマトグラフ(GC)を一体化しており、ガス流の連続的な、成分のオンサイト 試料分析用に設計されており、成分データのほか熱量値も提供します。 これは天然ガス(NG)、液化天然ガス(LNG)、液化石油ガス(LPG)の流れを含むガス流用に設計されています。 このユニットは1つから4つの独立サンプル流に関する情報を回収して分析情報を保持します。

用途例:

  • 輸送
    • 転送と配分
  • 検査サービス
    • 計測品質結果を伴う商契約上の所有者移行
    • 生産
    • ガス集約
    • エンド ユーザー ガス市場
  • 商契約上の所有者移行
    • ターミナルの標本分析システムの独立的検証
    • 相関関係試験
    • 船舶上品質検証
    • カーゴ老朽化監視

サンプラー アナライザーの基本機能

  • システム デザインはISO 8943標本分析方法に準拠
  • 断続的ガス試料を回収、GC構成により一体化されN2、CO2、軽炭化水素の測定をC6+により提供し熱量値を提供するために設計されたフィールド設置型試験用リグ。
  • チップ上のGCではない、従来型分析コンポーネント
  • Windows CE オペレーティング システム
  • 磁石接触により作動される対話型グラフィック ディスプレイ
  • 計算値例:
    • AGAによるガス圧縮性
    • 実測相対密度(比重
    • Btu/CV Valu
    • GPM (液体ガロン、1000立方フィート当たり
    • Wobbe指数
    • メタン価
    • オプション計算項目例: AGA 10による音速、炭化水素の露点
  • パイプライン品質の天然ガスを対象として設計されています。 100 PPM H2S 未満での1000立方フィート当たり800~1500Btu (29.8~55.9MJ/m3)
  • 計算基準: GPA 2172-96 (AGA 8 によるZ、または単一ビリアル和) と ISO 6976-95、 ISO 12213 (AGA8による)、今後は - ASTM D 3588, GOST または ISO 質量による。
  • 線形性はGPA 2261-99以上

サンプラー アナライザーの利点

  • 独立、中立的サービス
  • 業務が簡単で費用対効果あり、経済的
  • 小型で軽量(約25kg)
  • GCデザインがオンボードPCを不要に
  • 基板上メモリーが最大480個の分析を保存可能なうえ、メモリー増設オプション有り!
  • 低消費電力、推定運転時間30時間が可能
  • 比較的低い担体ガス消費量
  • クローズ ループ サンプリングを可能にし、漏れが解消されました
  • 内蔵標本分析シリンジにより極低標本分析が可能に。> 0.1cc/minも簡単に実現、複合サンプルにも対応。

SGSが提供するLNGサンプラー アナライザーで皆様の業務をお手伝いする方法をさらにご覧ください。