Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

ジェット機はタービンが最適な性能と安全な航行を提供できるために高品質燃料を必要とします。

ジェット燃料が使用されるためには厳格な品質、取扱、トレーサビリティーと性能基準に合格しなければなりません。 SGSのジェット燃料試験サービスにより最高度の品質管理にご満足いただけます。

現在航空燃料には2種類あります:  

  • 従来の炭化水素航空タービン燃料(Avtur、ジェットA、ジェットA-1、JP8)原油から直接精製され、ジェット燃料とも呼ばれます。
  • SASOL準・完全合成燃料等のより新しいジェット燃料はDefStan91-91とAFQRJOS仕様に含まれています。 気液燃料、液化石炭燃料、バイオマス液化燃料、さらには海草成長由来燃料等革新的原材料に基づく様々な燃料が間もなく実用化されます。

ジェット燃料の分類

ジェット燃料は各種の規格に基づいて取引されます。

  • ASTMD1655 
  • DefStan 91-91
  • AFQRJOS、JIG発行共同確認書、共同検査グループ

試料採取、試料処理と試料調製は全て、ジェット燃料試験が成功するための必須項目です。 CRS、CAFFI、IATAとJIGの監理下で開発された全規格ともサプライチェーンにおけるリスク管理を補助するラボにとって必須の知識です。

SGSによるジェット燃料試験

ジェットA-1所与契約に規定された規格または国家最低基準の一環を構成する要件、パイプライン合意(北米のColonialorBuckeye等)を満足する必要があります。 慣行としては英国国防省仕様DefStan91-91またはASTMd1655または共同運用システム用航空燃料品質要件(AFQRJOS)またはこれらのうちの一件に加えて契約規定内容が適用されます。

SGSのサービス内容:

  • ASTMD1655とDefStan91-91規格に対する商用ジェットA-1の分析
  • ジェットAとAvgasの分析
  • 軍用航空燃料JP-4とJP-8の分析
  • 共同運用システム用航空燃料品質要件(AFQRJOS)を基準とする試験
  • MIL-DTL-83133F等国防省仕様を基準とする試験
  • 仕様規定されればフルまたは短縮ジェット試験による再認証
  • 添加剤の注量;抗酸化剤、静電防止剤、腐食防止剤と燃料システム凍結防止剤(FSII)
  • クリックデリバリタイム
  • 船舶からタンクローリーまであらゆるサイズの貨物の備蓄施設までの輸送検査と試料採取サービス
  • 浸せき試験-新品タンクのジェット燃料の貯蔵適格性の認証取得または修理後タンクの復帰適格性検査
  • ジェット燃料生産とサプライチェーンの全ての段階におけるサービス
  • 試料採取、分析、妥当性検証、報告等の課題に関する技術的及びコンサルティングサービス

品質プログラム

SGSの全ジェット燃料試験ラボはジェットA-1に関する国際技能検査スキームに参加しています。 これはラウンドロビン方式の試験で性能指標を示し、当社のラボによるハイレベルの品質と保証を整合的に維持するために役に立っています。

なぜSGS か

SGSはASTM、ISO、CEN、EI(エネルギー研究所、元石油研究所)やIFIA等多くの産業機関、作業部会や標準化機構のアクティブなメンバーです。
 
GOST、UOP、API、MPMS、ASTM、ENまたはIPの試験方法と仕様を含む、CENやISOまたは国家及び地域的規格機関が定める、中核的石油・石化規格に従い石油・天然ガスと化学品貨物に対して全ての取引上の検査項目を実施しています。 仕様の一部と関連当事者の方から指定しいていただければカスタム構築されたまたはクライアント供給による分析方法でも実施できます。 必要な場合には特定取引または一連の取引内での効果的リスク管理を可能にする手段として引用および/または使用する最適規格の選択を補助することができます。 SGSはさらに使用される技術、規格と作業実務に関連する全ての事項に関する技術サポートも提供しています。

SGSによるジェット燃料試験について詳細はこちら