Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

貯蔵されている燃料、特に長期間貯蔵されている燃料は、細菌感染や真菌感染が発生しうる場合、著しい損害、およびそれに伴う著しい損失を被ることがあります。

防水が難しい大型の浮遊式保存容器や地下の洞窟貯蔵など、保存容器の使用増加に伴い、このような問題の発生も増加してきました。 このような感染が深刻な損害、さらには人命の損失の原因となるもう1つのケースは、緊急用モーター(救命艇、非常発電機など)の燃料が劣化して、必要なときに機能しなくなる場合です。

SGSは、特に下記の項目を特定するためにSGS Bug Test®オンサイトモニタリングおよび診断キットと専門研究所サービスを使用して、この分野の問題に対して段階的なソリューションを提供します。

  • 燃料分解菌
  • 真菌感染および真菌マット
  • 硫酸塩還元菌
  • クラドスポリウム属樹脂酸 感染

感染元の特定を支援するためのコンサルタントサポートサービスも提供します。

サービスの第三段階は、殺菌添加剤を使用し、感染した物質を取り除き、問題の元を除去するための復旧作業です。 さらに、弊社の専門スタッフは、クライアントに対して、細菌モニタリング、感染予防、感染修復を助言し、策定することができます。

弊社には、高品質のリスク管理データをすべての利害関係者に提供する世界的な研究所ネットワークが存在します。 研究所では、製油所、船舶、貯蔵施設、化学プラント、貯蔵タンク、パイプライン、および空港から求められた燃料試料を分析します。 ASTMまたはIPで公表されている標準方法に定義されている標準検査、または特注検査のいずれかを提供して、救命艇燃料試料による捜索および救助艇(SRB)試験など、特定の既知のリスクに対処できます。

SGSが選ばれる理由

あらゆる種類の炭素カーボンおよびケミカルガスに対する試験および検査サービスに関しては、まずSGSにお問い合わせください。

最高水準のテクノロジーを備えている現代的な研究室で、我々の非常に訓練された分析のエキスパートがオペレーションします。 当社のラボ施設の大部分はISO17025認証ラボであり、最高度のラボ規格による分析試験を提供できることが保証されています。 内部監査および独立監査、厳しい訓練、コンピテンシー承諾基準などと共に、内部および第三者ラウンドロビン試験プログラムへの参加を通して研究所の品質を維持し、技能を監視します。

SGSは、ASTM、ISO、CEN、EI(Energy Institute、以前の石油協会)、IFIAなど、いくつかの主要な業界団体、規格機構に活発に参加しています。

石油、ガス、および化学薬品貨物のいずれかに対するSGSの貿易に関する数量・品質サーベイの指名は、UOP、GOST、API MPMS、ASTM、EN、またはIP試験方法、およびISO、CEN、またはさまざまな国または地域の標準機構によって設定された仕様など、認証された主要な石油規格および石油化学規格に常に基づいています。 クライアントにより提供された分析手法または特別に作成された分析手法は、それらが仕様の一部を形成する場合に使用されます。 必要な場合、利害関係者が最適な基準を選択して、特定の取引内のリスク管理をサポートするために言及したり使用したりできるように弊社が支援します。 弊社のテクニカルサポートチームは、規格、業務の実施、および技術に関連するすべての事柄については支援の提供が可能です。

SGSの微生物学的試験サービスの詳細をご覧ください。