Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSが提供するギアボックス検査業務 – 高価な風力発電機の補修および想定外の停止時間を最小化  

効率的な性能を確保するには、貴社風力発電機ギアボックスの定期的な状態監視が欠かせません。 SGSのギアボックス検査業務により、できるだけ早く故障を検出し、風力発電機の能率を確保することができます。

SGSが提供するギアボックス検査業務を選ぶ理由

サービス内容:

  • ギアボックスの定期的状態監視のメリット 
  • 重要部品の故障を早期発見
  • 風力が弱い期間、あるいは計画停止中に補修作業を計画
  • 補修とメンテナンスの費用を最小化する一方で、生産時間を最大化

再生可能エネルギーにおけるグローバルリーダーが提供するギアボックス検査業務

検査、検証、試験および認証の分野で世界をリードするSGSは、資格を有する専門スタッフのグローバルネットワークを擁し、再生可能エネルギー部門で比類なき経験を貴社に提供いたします。 SGSグループの専門の風力技能センターと独自のグローバルネットワークにより、世界中の洋上風力発電所計画に対して、試験および認証を提供することができます。

風力発電機に対するSGSのギアボックス検査には、以下のものが含まれます:

  • ビデオ内視鏡を用いたギアボックス部品の検査
  • 部品の状態の詳細検査
  • オイルおよび潤滑油のサンプリング 
  • 幅広いラボ試験により、全ての適用範囲に対応
  • 状態監視 
  • 風力発電機部品および潤滑油状態の専門スタッフによる診断

ギアボックスに対して、適切なアドバイスを提供できる、熟練した機械および化学エンジニアにより詳細な評価が行われます。 SGSの報告書により、効率的なギアボックスの運転を確実にするために必要な行動を優先して行うことが出来ます。

SGSのギアボックス検査業務により、高額な補修費用および停止時間を回避する方法について、今すぐお問い合わせ下さい。

このサービスは現在、日本ではご提供しておりません。
SGSグループによるサービス提供の詳細についてはお問合せください。