Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

ポリ塩化ビフェニル(PCB)は、最も規制が厳しく危険な薬物のうちの一つです。 貴社の生産活動によりこれら毒性物質が放出されているか知るには、SGSに今すぐ電話してPCB試験を依頼してください。

PCBは、変圧器や建設財からインクやペンキに至るまでさまざまな製品に使われてきました。 この中には毒性のあるものがあり、埋立地のゴミおよび産業用焼却炉のPCB汚染から環境に排出される場合があります。

分解に耐えられるほど安定しているため、PCBは環境にとどまります。 たとえば、1920年代に導入されて以降生産されたPCBのうち10%が、今でも環境に残っています。 PCBは、長距離運搬される可能性もあります。 その結果として、世界における深刻な環境汚染および人体の健康への悪影響の原因となっております。 このため、多くの国でこれは禁止されているか、厳しく規制されています。 

この深刻な環境および健康の危険に対処するには、熟練した専門家にPCBが発生する可能性のある源を全て特定し、その制御および除去のための実践的な解決策を提供してもらう必要があります。

弊社の現場実験による、幅広い発生源候補からサンプルを取得し、PCBの有無を分析します。 結果報告により、既存の規制全ての遵守のためのアドバイスおよび推奨事項、さらにPCBの量を減らすための職場慣行の採用についてご連絡いたします。

環境への悪影響を最小化し、貴社の活動が人体の健康を危険にさらさないようにしましょう。 貴社の将来の業務に向けて、無罪証明を確保しましょう。 今すぐ当社のチームまでお電話ください。