Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

サイトの歴史的研究は、効率的で費用効果的なプロジェクトを保証する為に不可欠な情報を取得する上で、必要な第一ステップです。 サイト調査プロセスの開始に関する詳細は、弊社の専門家へお問合せ下さい。

オリエンテーションや御社サイトの「ファーストステップ」研究の前に、御社サイトの歴史に関する全体像を把握する必要があります。 これは、土地や地下の水汚染研究を成功させる為に不可欠なことです。 歴史的研究は、未完成なオリエンテーション研究を引き起こすリスクを大幅に削減します。

大半の歴史的分析は、全既存ペーパーワークとサイトに関する計画の文書記録を含みます。 しかし放棄されたサイト、運用を中止したサイト、又は幾つかの新規設備の場合、データが未完成で不十分な場合が多々あります。 この理由により、弊社では歴史的研究アプローチに追加の「インタビュー」工程を含みます。

有効データを検査する事で、サイト歴史を再構築し、サイトで実施される異なる活動をハイライトします。 これにより弊社は、今後の調査をリスク評価の最高領域に集中して取り組むことが出来ます。

文書工程はコンサルティングを含みます:

  • 経営上の資料:地籍と不動産登記、過去の運用又は環境免許、見込捜査報告書又は過去の土地利用計画
  • マッピング資料:地形学、地質学、土壌学、水文地質学、自然 環境、古い航空又は人工衛星写真
  • 運用資料:古い工業計画、古い土地開発プロジェクトと地中設備ネットワーク

インタビュー工程には、証人からサイトの過去の活動まで、出来るだけ詳細な情報を収集する目的があります。 弊社は元社員、かつての環境サービス又は運用する管理者、サイトで提供する外部サービスの構成員と会います。

検査後、弊社は各歴史的研究の独自ソリューションをご提案します。 これには文書と実地調査を含みます。 御社向けの適合完全介入戦略で保証し、後日発覚する思いがけない汚染区域を回避することで、将来的な費用を削減する事が出来ます。

歴史的研究を開始し、御社サイトに関してより多くの事を発見する為、弊社のチームへお問合せ下さい。

このサービスは現在、日本ではご提供しておりません。
SGSグループによるサービス提供の詳細についてはお問合せください。