Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

正確で確実なサイト計画のために、 SGSによる円錐貫入試験サービスがサイトの強度と耐じん性を評価します。 弊社の有資格チームに今すぐご連絡ください。

世界中で試験され最も信頼度の高い円錐貫入試験(CPT)を使用します。 CPTは地質力学的エンジニアリング特性を評価し、対象土壌の岩石構成を分析するために使用される、現場試験方法です。

CPT試験方法は、数本のロッドを通して地中にビットを装備した円錐チップを油圧リグを使用して押し込む方法です。 2cm/s の一定速度で土壌を貫通させるために必要な抵抗を連続測定します。 円錐に負荷される合計力量を円錐抵抗といい、対象土壌の強度を評価する指標です。 検出用ロッドに作用する力が合計摩擦力となります。 フリクションスリーブを装備した電気式円錐による測定は、局所スリーブ摩擦 (CPT-E)となります。

正確な地下水レベルの監視が必要な場合、ピエゾメーターがインストールされ、水圧データを収集します。 検出装置の推進パワーは、トラックのバラストあるいはスクリューアンカーから供給され追加的な反応を行います。

収集した情報は、以下の地質学的パラメータの計算に使用されます:

  • 有効摩擦角
  • 圧密係数  
  • 地耐力  
  • 基礎凝固状態

こうした詳細な計算値をもとに、基礎計画の適切性を確実なものとするための正しいアドバイスを記載する包括的レポートを提供できます。

使用されるCPT技術は、以下のような先端技術のみです。

  • 機械的円錐針入度計– 円錐抵抗を20cmの定間隔で測定することによりビル基礎用計算値の提供。 円錐状マントルを装備したオランダ型円錐と ローカルスリーブ摩擦によるベゲマン円錐を使用します。
  • 電気式円錐針入度計– 収集される情報は全般に及び地層の分類がし易くなる(粘土層内の薄い泥炭層の検出等)。 円錐抵抗と局所摩擦は2cmごとに連続的に計測され、摩擦比の計算が可能になります。 電気式円錐から針入度計ロッド内を通るケーブルを通過して、地表へと伝達される測定値がコンピュータに登録されます。
  • ピエゾ円錐(CPT-U)– 間げき水圧データを追加的に収集します。
  • SoniCPT– 「超音波式サンプリングドリル」に基づく SoniCPT は土壌をより流動的にするために振動を与える自社開発の独自システムです。 振動は土壌を流動化して摩擦を削減するために使用され、この超音波システムが硬い地表層または緩い堆積物を通過できるようにしています。 CPTがブロックされると、超音波缶を通過して測定が継続されるため、貴重な時間が節約されます。

調査の度に包括的なレポートを作成し、図表を駆使して測定値や計算されたパラメータを見やすく提供します。 テスト地点、層序、地下水分布等の説明や解釈も記載します。 最大の支持強度のために必要な基礎の適合に関してアドバイスを記載した明瞭なプランを作成いたします。

次の建設プロジェクトを自信を持って開始するために、今すぐ当方へご連絡ください。