Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

建設プロジェクトの成功は、優れた荷重耐性のある地下土壌に依存します。

SGSは動的貫入試験で土壌耐性能力を迅速にかつ簡単に評価できます。 プロジェクトが確固たる基礎の上にあることを確実にするために、今すぐ弊社チームにお電話ください。

土壌の圧縮の制御のために使用できるので、動的貫入試験は埋め戻しが必要な堤防、舗道、路面、その他のプロジェクトのために欠かせません。 この試験は、処置が必要な地下の柔い場所を簡単に特定して試験できます。 この試験は、海底の負荷耐性を知る必要がある水中プロジェクトにも応用できます。

動的負荷試験では動的サウンディング技法を使用して、対象土壌の負荷容量と圧縮特性を計算します。 この試験は現地で実施され、埋め戻しや築堤の圧縮度を制御し、通常は地下約3mの深さまでを分析します。このために使用する設備は携帯式でコンパクトですので、業務を手早く費用をかけずに行うことができます。

円錐チップを装備したプローブが高さ50cm から10kg から50kgの錘をつけて自由落下されます。10cm層当たり貫入衝撃回数を登録し、1打当たり平均貫入深さに変換されます。

収集されたデータは土壌の深さ毎に対する CBR 試験(カリフォルニア負荷比率の計算)に使用されます。CBR は道路、舗道、滑走路に使用される土壌の負荷耐性 の評価項目として国際的に使用されているものです。

SGS は貴社のパートナーとして、世界中をカバーできる専門性によりプロジェクトの立上げから竣工まで成功に導けるという自信を持っていただくことができます。 対象プロジェクトに適した地質工学的試験についてご説明しますので、担当チームまで今すぐご連絡ください。