Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSは安全で確固たる建設計画のために適切な設計ソリューションの実施を確実にする土壌の現場平板載荷試験を行うことができます。 弊社の専門家チームに今すぐお問い合わせください。

迅速かつ簡単に適用できる平板載荷試験は基礎の土壌と地盤の支持力と定着性を検査します。 これは安全設計と品質管理を確保するために使用されます。

テストでは、深部基礎または基礎土、砂や石、埋戻しの締固めの程度を決定するために浸透を測定する事により、様々な専門的スチールベアリングプレートに垂直荷重を印加します。

それは薄い土壌層に適用することができるので、テストは、道路、滑走路や堤防の建設や床スラブの計算に主に使用されます。

プレート上の垂直荷重は油圧ジャッキとカウンターウェイトを使用して印加されます。 プレートの結果として得られる表面のたわみや貫通は、固定フレームから120度に広がる3点で安定化した後に読み込まれます。 平均偏差を計算し、これは、圧縮率や地盤反力とバネ定数の係数の決定を可能にします。

平板載荷試験は、土壌特性の正確な画像を得るために他の地質試験と組み合わせて使用することができます。 今すぐ当社までご連絡の上、経験豊富なチームにサイトのプロパティを決定させ、次のプロジェクトの成功を確実にさせて頂きます。