Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

このトレーニングは、サプライチェーンセキュリティでのベストプラクティスを達成し、経済的な目標を維持するための管理プラットフォームを組織に提供します。

ISO 28000は、組織が総合的なセキュリティリスクのコンテクストで文書化されたSCSMSを確立、実施、運用、モニター、検討、維持、改善することを可能にするSCSMSの要件を設定します。

このトレーニングにより、参加者は、ISO 28000規格と関連する技術的なセキュリティ仕様に従ってサプライチェーンセキュリティ管理システムの監査を実行するために必要な知識とスキルを得ることができます。 ISO 28000の要件に従って組織のSCSMSの設計、実施、および改善の評価方法を学習します。

トレーニングの完了時に以下のことが可能になります。

  • サプライチェーンセキュリティ管理システム(SCSMS)の目的と、ISO 28001:2007での定義に従って、SCSMSを確立、実施、運用、モニターして、検討、改善するプロセスについて説明する
  • ISO 28000のリスク管理の側面を理解する
  • ISO 28000:2007、ISO28001:2007、ISO28003:2007、TAPA、C-TPAT、およびSCSMSに関連している法的な枠組みの目的、内容、および相互関係について説明する
  • SCSMS監査を計画、実施、報告、およびフォローアップする監査者の役割を説明する
  • SCSMS監査を計画、実行、および報告する

次の事項に注意してください。 ISO 9001など他の管理システムの監査についての予備的知識が必要です。 セキュリティについて基礎知識があることが望まれますが、不可欠ではありません。

SGSの専門家に連絡して、SGS ISO 28000主任監査者トレーニングの利益の詳細についてお尋ねください。