Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

航空機部材の多くは、50年以上の耐用年数を目標に設計・製造されています。 このようにライフサイクルが長いので、航空宇宙産業では、飛行機の安全な運用を続けるためには、適切な修理・整備・オーバーホール(MRO)が不可欠であると認めています。

このような固有のニーズに応じて、航空宇宙産業の関係者は、修理や整備の手順、品質管理、MRO手順を実施する者の最低限の技術や資格を管理するための、AS/EN 9110業界基準を開発しました。

AS/EN 9110規格は、民間機・自家用機・軍用機の整備・修理・オーバーホールを提供している企業の基準を設定しています。 またこの規格は、FAAからの部品製造者承認(PMA)を求める航空機部品・部材を製造している企業にも適用されます。 AS/EN 9110は、他の規制や契約の要件にとって代わるのではなく、これらを補足するだけです。 SGSは、航空整備点検、および、AS/EN 9110認証を提供しています。この認証はお客様に以下のようなさまざまな利益をもたらします。

  • AS/EN 9110がお客様の運用や供給業者に求める初期および継続要件の完全な理解
  • より効率的な文書管理手続きが、効率の向上やコストの節約につながる
  • 組織の改善すべき処の特定

SGSは、世界を代表する認証・検査・検証組織です。 SGSには、お客様の整備・修理・オーバーホール操作がAS/EN 9110の要件を満たすことを確認するための、広く深い航空宇宙産業の経験があります。 またSGSは、お客様が規格およびそれが操作手順に与える影響を理解していることを確認します。

AS/EN 9110の認証を受ければ、安全や品質に対するコミットメントが証明されます。航空宇宙産業全体で認められる信頼性の高い包括的な認証を受けるために、SGSにご相談ください。

このサービスは現在、日本ではご提供しておりません。
SGSグループによるサービス提供の詳細についてはお問合せください。