Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

臨床チームとの協力で、SGSは積極的に革新的な生物標識アッセイ開発および確認を追求してきました。

弊社の免疫測定を補完するために、弊社では現在LC-MS/MS技術を提供しています。これは、低ピコグラムレベルでステロイドおよびホルモン物質などの生物標識を含めてポートフォリオを拡大できます。 弊社では、また多重化の分野にも投資してきており、ビードベースの懸濁および電子化学ルミネセンスベースのプラットフォームを使用して、強固な免疫検定を臨床治験での応用のために提供しています。

SGSでは、生物標識アッセイ開発サービスで20年を超える経験があり、弊社自身の2カ所のGLPラボを運営しています。 125人の専門スタッフにより、弊社の生物分析施設は欧州最大規模の施設の1つとなっています。 あらゆる規模の製薬およびバイオテクノロジー企業が、好ましい生物分析パートナーとして弊社を選択しています。これは、弊社に新たなアッセイを開発し大規模ルーチンサンプル分析を支援する専門技術があるためです。

開発中の医薬品の効力を試験する場合も安全性を試験する場合も、弊社の生物標識の生化学分析的サービスは、次のものを含む幅広い治療分野をカバーします。

  • 心臓血管
  • 中枢神経系
  • 代謝異常
  • 肉芽腫生成
  • 甲状腺疾患
  • 腫瘍
  • 性衛生
  • 骨疾患
  • アレルギーおよび呼吸器
このサービスは現在、日本ではご提供しておりません。
SGSグループによるサービス提供の詳細についてはお問合せください。