Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

ガス体は、多数の薬剤成分および医薬品の製造過程で重要な役割を果たします。また、その使用はcGMPおよび薬局方規則に従います。

圧縮空気、酸素、窒素、二酸化炭素などの気体(賦形剤として)の使用のモニタリングに対する関心が高まっています。薬剤生産サービスにおけるSGSガス分析は、顧客が容易に規制に適合することを目的としています。

SGSは医薬品の試験において世界的なトップ企業であり、製薬会社の上位20社と取引しています。 私たちはサプライヤの最先端に位置付けるガス分析の専門知識を構築してきました。 弊社のガス分析サービスには以下の内容が含まれています。

  • 空気、酸素、二酸化炭素、および窒素の試験
  • 純度試験
  • 粒子試験
  • 微生物試験および露点試験
  • 石油残留物、エアロゾルオイル、エアレーションおよび殺菌剤の残余に関する試験

試験は製造で使用する前に選択した試料で実施され、結果は規制基準が達成されたことを実証するために試験成績書に記録されます。

弊社は特定のニーズに合わせてテストを構築します。SGSが医薬品ガス分析を支援する方法の詳細については、SGSに今すぐお問い合わせください。

このサービスは現在、日本ではご提供しておりません。
SGSグループによるサービス提供の詳細についてはお問合せください。