Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

フィリピン国条例( CMO18-2010 2010 年 5 月 12 日発効)により、同国向け * バルク貨物 につきまして、 Bulk & Break Bulk に分類される全ての貨物は出荷国での船積み前検査が義務付けられております。 SGS はフィリピン政府認定の検査会社として出荷物の品質、数量等契約要求事項に適合していることを確認します。

なお、先般よりお伝えしておりますコンテナ積み貨物に関する検査は、フィリピン当局から実施についての正式な発表出されておりません。

* バルク貨物⇒コンテナ積みできない貨物のことで、液体・穀物・鋼材、その他重量課税される貨物や商品単位が重量による貨物のこと。

検査に関する概略は以下の通りになります。

1.     検査申請
申請の際必要な書類
1)     申請書  (Application Form for B&BB for Philippines ) * フォームについては下記まで
2)     Invoice  (Proforma Invoice でも可 )
3)     Packing List

2.     船積み前検査
検査当日、指定された検査場所に最寄の弊社検査員が伺い、船積み前検査を実施致します。

3.     検査後
ご提出して頂く書類及び情報
1)     Original BL コピー、 Final Invoice 、 Packing list
2)     本船 ETD 、 ETA 、出荷品の HS CODE
検査後に SGS ジャパンにて書類を確認し、 LPSR(Load Port Survey Report= 船積み前検査レポート ) を成果品としてご提出させて頂くと同時に本船到着前に SGS フィリピンにてフィリピン税関に証明書 (Summary Report) を発行いたします。
 
本件に関するお問い合わせ:
連絡先: SGS ジャパン株式会社 産業サービス部 フィリピン B&BB 担当者(田中・加藤)
住所:横浜市保土ヶ谷区神戸町134 横浜ビジネスパーク ノースタワーI 3階
(2015年2月23日より現住所に移転しました。)
TEL:045-330-5027 FAX:045-330-5019
営業担当 吉岡史敏(大阪事務所) TEL:06-6343-5169