Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

Brightsight社は、オランダ(最大のラボと本社はデルフト)、スペイン(バルセロナ)、中国(北京)、フランス(エクサンプロバンス)に拠点を置きます。Brightsight社は、バンクカード、モバイル決済システム、決済端末、電子パスポートなどの電子IDソリューション、に対するインターネットのためのセキュリティシステムを組み込んだプラットフォームなどの製品を提供しています。

Brightsight社は独立した機関として、主要な金融機関(EMVCoMasterCardVISAAMEXPCIなど)、政府機関(NSCIBCCNなど)、GSMAGlobal System for Mobile Communications)やTrustCBなどの主要機関から、サイバー攻撃に対する顧客製品の耐性を評価するための認定評価機関です。さらに、Brightsightは、5つの異なるコモンクライテリアスキーム(ISO 15408)の認定を受けた世界で唯一のラボです。

 

1984年に設立されたBrightsight社は、2020年には1,900万ユーロの収益を達成しており、同社の150名の優秀な社員が、今後SGSのサイバーセキュリティチームに加わります。

 

"今回のBrightsight社の買収は、サイバーセキュリティ分野におけるグローバルTICリーダーを目指す当社のグローバル戦略を大幅に加速させるものです。この重要なマイルストーンは、SGSTICコネクティビティのメガトレンドに合わせ、より良く、より安全で、より相互につながった世界を実現するという当社の目的をサポートするものです。

 

詳細については、以下の連絡先までお問い合わせください。

Toby Reeks
SVP Corporate Communication, Sustainability & Investor Relations
t: +41 79 641 83 02
www.sgs.com