Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

UKASよりFSSC22000「輸送及び保管/Transport and Storage(カテゴリーG)」が認定されました。

この度SGSは英国認定機関であるUKASよりFSSC22000カテゴリーG「輸送及び保管/Transport and Storage」の認定を受けました。
フードチェーンにおいて食品安全に対する取組みは世界的に推進されており、国内でも令和3年6月よりHACCP制度化が開始され、これまでより普及が進んでいくことが見込まれます。
HACCP制度化への対応の1つとして食品安全規格の「認証」があります。
この「認証」が普及している業界は一次生産、食品加工、食品包材製造を行う組織が主流となっていますが、HACCP制度化で言われている「食品等事業者」では食品の物流・保管を行っている組織も含まれています。
生産者から食品加工、食品加工から流通、そして消費者までを繋ぐ物流・保管は、フードチェーン内の食品安全(温度管理や異物混入リスクの管理等)において重要なプロセスを担っており、今後食品安全に対する取り組みを求められることが予想されます。

SGSジャパンでは、物流業界に対する食品安全規格としてFSSC22000、SQF、HACCPなどの認証サービスと研修サービスを提供しております。
自社の管理レベルの向上や他社との差別化をご検討の際には、ぜひお問い合わせください。

 

FSSC 22000とは
FSSC 22000は、フードサプライチェーンに適用される食品安全認証スキームです。
このスキームは、Foundation FSSC 22000(FSSC 22000財団)が開発・運営をしており、GFSI(Global Food Safety Initiative)に承認されています。

FSSC 22000は国際標準規格ISO 22000をベースに、その8.2項である前提条件プログラム (PRP) の要求事項を明確にして補完するためのISO/TS 22002-1 (食品製造業)、ISO/TS 22002-2(ケータリング業)、ISO/TS 22002-4 (食品容器包装製造及び包装材製造業) 等セクターごとの技術仕様書と、GFSIベンチマークを満たすための追加要求事項から構成され、より食品安全を強化するために設計されています。
すでに、ISO 22000を認証取得している組織は、追加の審査を受けることでFSSC 22000の認証取得が可能です。また、HACCPシステムを導入している組織についても、そのシステムをベースにISO 22000やFSSC 22000の認証取得が可能です。
SGSグループは、グローバルレベルでFSSC 22000の認証審査を行うことができ、国内外で多くの認証実績を保有しています。


GFSIベンチマーク規格とは
GFSIにより承認された、世界中に広がるフードサプライチェーン全体で食品安全機能を構築することを目的としたプログラムで、
FSSC 22000やSQF、GLOBALG.A.P.を含む12規格が現在登録されています。 

 

本件に関するお問合せ先:
SGSジャパン株式会社
認証・ビジネスソリューションサービス
食品認証部

横浜市保土ヶ谷区神戸町134
横浜ビジネスパーク ノーススクエアⅠ3階
電話:045-330-5010

 

SGS は、検査、検証、試験及び認証のリーディングカンパニーです。 89,000 名、 2,600 以上のオフィス及びラボを擁するグローバルネットワークを活かした業務を展開し、品質及び高潔性のベンチマークとして高い評価を受けております。