Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSは、世界各国の運輸部門における2030年までのバイオ燃料動向について解説するウェビナー "Global biofuels outlook" を開催いたします。

  

世界のバイオ燃料市場に目を向けると、米国や欧州が運輸部門の脱炭素化に向けて大きく舵を切る一方、食用作物生産国はバイオエタノールやバイオディーゼルの義務化を拡大するなど、様々な方向性の施策がとられています。

欧州は、バイオマスや水素など再生可能なエネルギーから製造されるバイオ燃料の普及に盛んに取り組んでいますが、当面は従来型の食用作物を原料とするバイオ燃料も依然として重要となります。インドネシアやマレーシアなどの東南アジア諸国では、原油依存度を下げるためパーム油を使用したバイオディーゼルの需要が伸びている一方、ラテンアメリカは新型コロナウィルスの影響により、このところバイオディーゼルへの投資を削減せざるを得ない状況となっています。米国やカナダも新たな原料を使用した再生可能ディーゼル拡大に動いていますが、エタノールの拡大については限界もあると見られています。

これら世界各地域状況などを踏まえSGS INSPIREは、2021年から2030年までの各地域のバイオ燃料に関し、原料ごとにバイオ燃料需要を促進する政策を分析した上で、今後の需要や開発についての予測を行いました。本ウェビナーでは、これらの概要についてご説明いたします。

本内容をまとめたレポート「Global Biofuels Outlook 2030」は、11月上旬に発売予定です。レポートの詳細は JPOGC@sgs.com へお問い合わせください。

 

【日時】
   Session 1: 2021年11月10日 16:00 日本時間
   Session 2: 2021年11月12日 00:00 日本時間
   ※登録済みであれば、この時間以降にいつでもウェビナーを視聴できます


【参加費用】
   無料


【お申込み】
  こちらのご案内ページ上部「To register, click here.」よりお申し込みください。


【主な内容】
  • Global biofuels outlook 2030
  • Asia biofuels outlook
  • Europe biofuels outlook
  • Latin America biofuels outlook
  • North America biofuels outlook
  • Q&A

    なお、全編英語で開催されます(通訳等はありません)。

 

 


本ウェビナーは、SGS INSPIREが開催いたします。
SGS INSPIREは、SGSがご提供する、世界各国の石油・エネルギー分野に関する各種法規・規格・市場動向情報をご提供するサービスです。
日本国内外の数多くの自動車、石油、エネルギー分野の各会社様、研究調査機関・政府機関等の各団体様にご利用をいただいております。


ご質問や不明な点などがございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。


問合せ先:
SGSジャパン株式会社
オイル・ガス&ケミカルサービス部
TEL:050-3773-4542
Eメール: JPOGC@sgs.com