Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

増大し続ける需要に対応するため、石油エンジニアは常に、炭化水素回収のための新たな改良技術と戦略を開発しなけばならない課題に直面しています。

SGSによる強化オイルリカバリー(EOR)に関する分析及びコンサルティング ソリューションは一次的及び二次的方法により回収可能な量以上に石油抽出の最適化を可能にします。

弊社には高度な他部門横断的EOR分析に関する専門知識があり、弊社のコンサルティング サービスにより御社の貯留層に関する完璧な理解を可能にするほか、御社の貯留層の特定条件に適合できる最善方法が何かを明確にご説明できます。 弊社による専門知識とご案内によれば御社はパイロット及び本番フィールドEORプロジェクト計画を実施する際のリスクと不確実性を削減できます。 SGSによる最高レベルの経験、信頼できる分析結果、エンジニアリング コンサルティング サービスに御社の全ての EOR プロジェクトについて依存できます。

SGSは幅広い学際的試験施設を運営しています。これはあらゆる貯留層およびEORプロジェクトには独特の側面があるためです。 弊社は、最先端の試験所装置および方法を使用して、貴社のEORプロジェクトのすべての段階ですばやく効率的に特性分析を行うことで、貴社の貯留層の経済 性を最大化します。 経験豊富なSGSチームは、アラスカのノーススロープ、同時にアスファルテン堆積測定を行うベネズエラの重油油田でのガスろ過、アルゼンチンのCO2隔 離、同時にアスファルテン堆積を行うアルジェリアの溶解性/膨張、米国南部での複雑な三相CO2溶解性調査を含む、世界中のEORプロジェクトで作業して きました。 弊社のEOR調査には次のものが含まれます。

化学薬品EOR(cEOR)および最適化
多相溶解性または膨張調査
スリムチューブ混和性および不混合置換調査
順行および逆行マルチコンタクト調査
ガス再蒸発調査
カスタム調査(アスファルテン+EORなど)

貴社のEORプロジェクトのためにSGSが分析ソリューションを提供する方法の詳細については、今すぐ弊社にご連絡くださ い。

このサービスは現在、日本ではご提供しておりません。
SGSグループによるサービス提供の詳細についてはお問合せください。