Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSが使用する原油フィンガープリンティングは、貯留層の地球化学分析、生産試運転開始および石油シーン応用のために、原油の主要バイオマーカーを識別します。

質量分析と組み合わせてプログラムされた温度、毛管クロマトグラフィーで、貴社の特定の原油試料の中の独特の構成要素を正確に描写します。

主要成分マーカーを識別することで、貴社組織は源泉貯留層、混合の程度に関する情報が得られ、パイプラインおよび生産システムからの石油漏洩源を識別できます。 この知識は、混合生産を最適化し改善コストを最小化するために、貴社貯留層の範囲および規模をマッピングするために必須です。

SGSのフィンガープリンティング技術

SGSの原油フィンガープリンティングは毛管クロマトグラフィーおよび質量分析を使用するため、貴社貯留層に関する包括的な洞察が得られます。 毛管ガスクロマトグラフィー(GC)により、バイオマーカー(プリスティン、フィタン、および他のイソプレン類)が識別され、生物起源および熱起源の劣化という特定の熟成過程による、個別のクロマトグラフィー的痕跡が生成されます。 弊社はこれらの技術を質量分析(質量電荷比)と組み合わせるため、より詳細な比較が可能になります。 これら2つの技術で、貴社試料の定性的結果と定量的結果の両方が得られます。 弊社の専門家は、高度な解釈を行い、貴社貯留層の区分、混合生産および石油シーンおよび漏洩源に関して深い洞察を与えます。

貴社の最寄りのSGS代表者に連絡して、貴社の原油フィンガープリンティングの要件についてご相談ください。