Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSは産業規格方法を利用する上流探索及び生産向けに完全な組成分析サービスを提供します。 大気中試料と加圧試料とも対象として詳細な組成データを作成する広範囲に及ぶキャリブレーション手順に従って行います。

SGSの組成分析サービス

弊社は先端ラボと高品質分析からなる広範囲のネットワークを提供します。 弊社のサービスはMini-GOR™と呼ばれる自社開発フラッシュ システムを用いますが、これは加圧オイル、ガス、及び塩水の分析を対象にSGSにより開発されました。 このシステムは石油、水、及び濃縮物の圧縮比とともにGOR(ガス/オイル レシオ)及びCGR(圧縮ガス レシオ)を決定します。 フラッシュされた炭化水素製品の組成はGPA標準方法を用いる従来のガスクロマトグラフィー(GC)により測定されます。 塩水(生産水とも呼ばれる)イオン濃度はイオンクロマトグラフィー(IC)で決定されます。 水のpH、合計溶解固形分(TDS)、オイル中水分、分子量及び密度等のバルク特性はASTMまたはその他の工業標準方法に従い測定されます。

弊社の組成分析サービスの提供内容:

  • オンサイトでのGOR、GWR、及び、CGR分析用の革新的Mini-GOR™技術
  • キャピラリーGC、GPA方法によるC36+での詳細なオイル組成
  • 検出可能成分を見るガスの詳細な組成、GPA方法
  • 滴定とイオンクロマトグラフィー(IC)による水の組成
  • 産業標準方法によるバルク試料の特性

高解像度で高品質な組成データは御社の井戸の使用寿命全体をカバーするエンジニアと化学分析担当者が必要とする原油またはガス内の詳細な組成分析を提供します。 このデータは御社の炭化水素備蓄の価値同定、井戸の将来的実績予測、輸送とプロセス システムの設計、石油とガス生産の市場価値同定のために欠かすことはできません。

御社の組成分析要件を満たす支援をSGSにお任せくださいますよう弊社までご連絡ください。

このサービスは現在、日本ではご提供しておりません。
SGSグループによるサービス提供の詳細についてはお問合せください。