Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

世界の主要な油田及びガス田はフィールドの商業的価値に影響する不純物を含みます。

非炭化水素不純物、微量成分やベンゼン、エチルベンゼン、トルエン及びキシレン(BETX)レベルを同定するために必要とされる全試験を取り揃えております。

SGSは御社のフィールドからの最大収穫、腐食の可能性削減、天然に存在する温室効果ガスの影響制限を確実に行えるように先端分析機能に特化しています。 弊社のラボはASTM基準方法を先端試験技術と組み合わせているので、SGSに分析をお任せいただければ精確で代表的な結果を受領できると確信していただくことができます。

天然炭化水素内の不純物

PD GC分析、質量分光光度計、XRF、XRD、SEM等先端分析ツールによりフィールドから回収された炭化水素や炭化水素堆積物内に自然に存在する不純物ならほとんど全てを特定できます。 広範囲な液体や生産システムで培われた弊社の分析実績により知識を獲得できる解釈と実績に基づくアドバイスを得ることができます。

SGSはGC-FPDによるオンサイトの微量硫黄種分化及びガラハッド卿法連続水銀監視を提供しています。 温室効果ガス排出量の制御とプロセス設備設計上重要なファクターである天然炭化水素内の二酸化炭素と窒素成分は従来のGPAGC法により計測されます。 BETX含有量は共通の環境上の問題であり、アミン処理と脱水処理による排出に関しては密接な規制を受けています。 SGS は原油及び天然ガスの生産設備を対象として低濃度でのこれらの物質及び、その他芳香族系成分の計量用に設計されたクロマトグラフィー法を利用しています。 また、弊社のフィールド ラボまで輸送中にサンプル内の微量混合物のロスを最小限にするため、処理されたサンプル用のシリンダーを提供します。

当社は次のサービスをご提供できます。

  • 炭化水素ガスと液体のラドン分析
  • 低濃度連続水銀成分測定
  • H2S、 He、 Ar、 N2、 CO2 を含む拡張天然ガス成分
  • GC-FPD を用いた微量硫黄分の種特定
  • 高分解能クロマトグラフィーによるBETX分析

御社の炭化水素内の不純物を把握するためにいかに弊社が支援可能かについて詳細を今すぐお問い合わせください。