Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSの外国為替管理 – 当社のCEPECS(Computerized Export Payment Exchange Control System)を使用して効果的な外国為替監視を可能にし、銀行と利害関係者がインターネットベースでペーパーレスの1つの電子プラットフォームを使用できるようにします。

ますます複雑になる市場において、インターネットベースのリアルタイムの外国為替監視システムは非常に有効なツールとなります。 ペーパーレス環境により、関連する利害関係者すべてがリアルタイムのコミュニティネットワークで連携することができます。したがって、銀行とその顧客は商品の提出を監視および管理し、輸出書類を輸送し、通関前に不正行為に即座に対応できます。 

外国為替監視システムは以下の内容を提供します。

  • 銀行に対しては、プロセスフローを管理し、資金の評価を監視し、FCDA(Foreign Currency Denominated Accounts)を監視する機能
  • 監督官庁に対しては、国境での輸出前の書類の電子申告を精査する機能
  • すべての提出に対するリアルタイムの監視と追跡
  • 増大するコンプライアンス、調整された正確な報告のための設備
  • 監査および検査チームへの支援と迅速な対応による効率の向上

SGSの専門家は世界中において外国為替監視の経験を持ち、CEPECS(Computerized Export Payment Exchange Control System)はいくつかの国で使用するために調整されており、利害関係者が輸出プロセスで1つの電子プラットフォームを使用できるようにします。 CEPECS基盤は、複数のプロジェクトを支援し、システム内に双方向のデータベースを作成および設定できます。

SGS CEPECS使用すると、外国為替管理の環境が整い、誤りを最小限に抑えて時間を節約するために効率的に機能することを保証できるようにします。 詳細については、今すぐ当社にお問い合わせください。