Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSのスキャナープロジェクト管理 – お客様の貨物スキャンサービスの設計、実施、および保守を行い、正確で最大の効果を保証します。

安全業務および世界中の税関管理においては、不正および不法な取引を防ぐために、最も効率的な貨物スキャンサービスがますます必要とされています。 SGSでは、お客様のスキャナによるボーダー監視業務が正確性と最大効率性を確保できるように設計および整備する必要性を理解しております。

SGSは、ボーダー監視業務の国際的知見及び専門性は、同業務の構築からスキャナ製造業者との関係に至るまで、貨物スキャニング市場をリードしております。  

SGSは以下のステップでスキャナ業務をデザイン、実施および維持いたします:

  • スキャナープロジェクトへの投資家をお探しの場合には、SGSの幅広い国境警備サービスの一環として柔軟性のあるソリューションを提供いたします。 スキャナープロジェクトへの投資家の代行として、SGSは、BOOT(構築、自社運営、移転)、BOT(構築、運営、移転)あるいはリースといったプロジェクト融資スキームを通じて、金融面および技術面のリスクを全て請け負います。

  • SGSは現場における事業化調査を実施して、現在の出入国ポイントにおける通関処理状況を査定および評価いたします。 その後交通量および時間における変動を査定し、今後数年間における交通量の増加予測を作成します。 ゾーニング/マッピング調査によりSGSは、作業量、地域社会への影響そして再編成の観点からスキャナーの導入における問題点を明らかにします。 そして港湾、通関、およびスキャナー処理を総点検します。

  • スキャン技術は常に発展を続けており、SGSの市場経験によりお客様に対して、スキャナの選択および比較研究をお手伝いできます。 SGSはスキャナー製造業者との確固たる関係があるため、お客様が装置購入契約を締結する際に、交渉、予備部品調達において最適の価格および購入オプションを確保できるようお手伝いします。

  • SGSは、お客様の現場を適切に設定することの重要性を理解しております。 SGSはスキャナーの設置、引渡しお手伝いし、交通の流れをスムーズにして渋滞を防ぐようにいたします。

  • 工場承認試験(FAT)および現場承認試験(OSAT)により、ベンダーによる保証が適切であることを保証することで、お客様の利益を守ります。 SGSはこれら試験に立会い、全ての設備がお客様のニーズに適切であることをダブルチェックします。

  • SGSは、お客様の設備が適切にメンテナンスされるように、保守組織の運営支援をします。

  • SGSの専門家が、スキャナー運用をお手伝します。

  • 画像分析などの専門家スタッフを配置するためには、熟練した判断が必要です。 SGSのチームでは業務定義および技能要件の編集に加え、人選から面接に至るまでの採用管理もお手伝いいたします。 お客様スタッフのトレーニングは、実施過程において必要不可欠です。 SGS専門家のスキャナートレーニングについての詳細は、こちらをご覧ください。