Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

世界の各国政府と石油会社は低級品または非課税輸送中燃料の高品質国内燃料への不法な横流しの結果多額の収入損失を蒙っています。

SGSの燃料インテグリティプログラムはこうした不法活動に対して信頼でき費用対効果のある対策を提供し、各国政府、石油業界とお客様に利益をもたらしています。

燃料マーカーを使用する利点

石油の世界需要は今後20年間で50%増大すると推計されています。 石油業界が拡大し価格が上昇するにともない、偽和物混入と不法取引からの利益をめざす者による脅威も増大します。

燃料マーカーは以下のような場合に役に立ちます。

  • 燃料の不法な取引や規格に満たない製品の燃料偽和物混入の阻止
  • 政府機関と規制当局が適切な金額の燃料税を回収できるようにすること
  • 自動車および暖房用燃料の完全性保護、これによる消費者の信頼感増大
  • 燃料の正しい品質確保による車両の保護
  • 非課税または低課税製品の不法輸入防止と通過、輸出または補助金を受けている燃料のダンピング防止
  • 会社間の製品ダンピング阻止
  • 環境保護措置の便宜

なぜSGS か

石油とガス業界の上流と下流部門ともにサービスを提供する市場リーダーとして、当社は燃料インテグリティプログラムの便益を理解して実施しており、大いなる効果を上げています。 1998年に、SGSはケニア政府による通過燃料のダンピングや低課税灯油の高級自動車級燃料への偽和物混入阻止を支援するため先駆的燃料インテグリティ管理制度を立ち上げました。 ケニアでの同制度の成功に続き、マーカープログラムは同様の問題をかかえる他の国々への展開が行われました。

当社の燃料マーカープログラムについて詳細ご説明しますのでご連絡ください。