Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

このトレーニングは、信頼性のあるITインフラ、ITヘルプデスクサービス品質およびIT顧客満足度の実現に向けて、企業のコミットメントを理解し、サポートするように設計されていま。

ISO 20000は次の2つの主要部分で構成されます。 ISO 20000-1は、正式仕様であり、顧客に受け入れ可能な品質のある管理されたサービスを提供するための組織の要件を定義します。またISO 20000-2は、BS 15000-1の範囲内でサービス管理プロセスのベストプラクティスを説明する実施規則です。 この実践規範は、 ISO 20000-1 の審査を準備している組織、或いはサービス改善を計画している組織にとって、特に有益なものです。

訓練では、ISO 20000の目的および要件の概要を説明し、またこれがITコストを削減しITインフラの管理を確保に役立つ方法を説明します。

トレーニングは、ISO 20000に基づく管理システムの開発、実施および管理に関与している職員全員向けの概論です。 社内監査員および主任監査員トレーニングなどの他のISO 20000トレーニングを完了する計画がある場合は、このコースの中で、その上に監査スキルが構築される、ISO 20000の知識および理解を得ることができます。

トレーニングは、講義とワークショップ演習で構成されています。

このトレーニングおよび内部QMS監査人トレーニングを完了することは、国際認証済み監査人登録(IRCA)による、主任監査人としての認証のトレーニング要件の一部です。

今すぐSGSに連絡して、SGS ISO 20000理解トレーニングの詳細をお尋ねください。