Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSは、スマートグリッド電気自動車で使われる車両・グリッド間(V2G)技術を試験して、通信プロトコルに準拠していることを保証します。 この試験は、安全性を向上させ、関連する規制に対するコンプライアンスを実現します。

電気モビリティ(eモビリティ)を現実のものにするには、電気自動車・充電スタンド・インフラストラクチャの間にインテリジェントな通信が存在する必要があります。 また、双方向の送電(V2Gおよび車両用グリッドG4V)や包括的な請求プロセスも必要です。

このような要件すべてにおいて、安全性、特に監視なしで長期間にわたって行われる充電プロセスに関する安全性は最重要の課題です。 SGSには、信号・音声分野の電気通信プロトコルに関する公認試験機関として、お客様を支援するための専門知識や経験があります。

  • 想定されたバッテリー充電期間(ダウンタイム)の
    • ッテリー充電コンディションの電気的性質に
    • 充電プロセスを
    • 対応させる
  • グリッド供給不足の認識と対応
  • 購入/供給エネルギーのオンライン請求(現在のグリッド容量利用率に依存)
  • ユーザーの認可・乱用の防止
  • さまざまな国のさまざまな作業員による、充電スタンドでの供給の信頼性を保証する接続・インタフェースの標準化
  • 新しい付加価値サービスの導入

eモビリティの安全性を保証し規制の要求を満たすために、SGSのV2G通信サービスがどう役立つかを知りたい方は、SGSにお問い合わせください。