Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

公共輸送機関の点検をアウトソーシングすることは、監督機関や一般市民にさまざまな利点をもたらします。 SGSが公共輸送機関の点検時に収集した車両データは、監督機関に測定・説明可能な情報を提供し、彼らが責任を負う車両が快適で美観上の問題もなく安全であるという確信や安心感を与えます。 このデータにより、エンドユーザーが目的に合った車両で安全・快適な旅を行えることが保証されます。
SGSは、自動車点検の経験から、監督機関が興味を持つ基本的な基準を知っています。

SGSの車両点検プログラムには、たとえば、以下のような項目が含まれています。

  • 順守率
  • 車両・運転者・所有者のトレーサビリティ
  • 運転者および作業員のプロファイル
  • 点検の合格・不合格率
  • 予約リードタイム
  • 故障の詳しい理由
  • 試験基準
  • 料金メーターの精度
  • 車両の改造
  • 免許取得後の行動

SGSは上記の基準についての詳細なレポートを作成し、監査機関としてあなたによって必要に応じた、車両またはそのドライバーのいかなる任意の側面、要望のフィードバックも開発することができます。 試験データはすべて安全に保存され、お客様はいつでも好きなときにデータにアクセスすることができます。 このデータは全体として、標準を維持・改善するために利用できる基準のラインとなります。 たとえばロンドンでは、とりわけ黒タクシーで有名なロンドンタクシー&プライベートハイヤー(LTPH)が、全保有車両に対するインテリジェンス主導のコンプライアンスや免許取得後の活動のために、SGSの車両点検管理システム(VIMS)を利用しています。

SGS自動車サービスはさまざまな高度車両点検プログラムや関連サービスの設計・運用に関して、保有車両の多寡に関わらず、幅広い経験を持っています。 SGSには、4大陸のさまざまな国において、法定プログラムの構築や実施に成功した実績があります。 各プログラムは、SGSの国際的な専門知識と、地方市場の現状や特性・需要・要件に関する豊富な知識の結びつきによる、オーダーメイドの産物です。

SGSの車両点検ネットワーク管理の業績は幅広く認知されており、その中には、従来、公的機関によって運営されてきた点検プログラムや関連活動の完全な近代化(設備・装備・職員)や民営化が含まれています。

このサービスは現在、日本ではご提供しておりません。
SGSグループによるサービス提供の詳細についてはお問合せください。