Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

監督機関や政府当局は、タクシーの運営が条例に従っていることを保証する必要があります。 その中には、タクシーのメーターを正しく校正することも含まれます。

SGSは、試験・校正・検証において世界を代表する企業であり、タクシーの請求する運賃や料金が正しいことを保証するための設備と能力を保有しています。

実施装置の試験は完全に訓練された調査員によって行われ、速度・距離・時間の校正がチェックされます。 SGSは、検査・試験が正確に時間通りに行われることを保証するため、地理的に任意の場所にテスト施設を設置して、設備や専門家を提供することができます。

SGSが照合した料金メーターに関する情報は、単一の中央データベースに入力することができます。 この情報は、監督機関からの問い合わせに対する回答や、料金メーターの認定取り付け業者のインテリジェンス主導のコンプライアンスに利用できます。 完全なコンプライアンスを実現した保有車両は、監督機関に対し、エンドユーザーが安全・快適な旅をし、承認された料金表に従った運賃を請求されるだろうという安心感を与えます。

SGSは、運転者や車両の試験に対する経験や専門知識を豊富に持っています。 お客様は、運転者や保有車両に関する多量の一元化された定性的な情報、コンプライアンスの水準、特定のトレンドを分析する能力によって少なからずの恩恵を受けるはずです。

このサービスは現在、日本ではご提供しておりません。
SGSグループによるサービス提供の詳細についてはお問合せください。