Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

過積載のトラックおよびバスは、道路安全性の観点から危険であり、また道路、橋や建物などのインフラに損害を与えて寿命を短くします。 これは、建設および開発、修理および維持管理など、道路管理省庁のコスト増大を招き、関連する労働力や資材の需要も増加します。

現代では、一部の道路建設業者は、適切な車軸荷重規制を行う保証がない限り、道路に保証を与えることを拒む場合もあります。 一部の国々では、車両重量計測は、汚職の場、とりわけ主要な通商経路で、通商障壁と見られています。 SGSの車両車軸荷重管理サービスは、車両重量計測管理およびコンサルタンシーサービスとともに、車両車軸荷重が過大なトラックおよびバスを捕らえ、道路安全性を強化し、道路建設およびインフラ需要に対応する計画を実行するために必要な、独立した専門技術および保証を政府および当局(一次、二次、三次および都市道路)に提供できます。 弊社のコンサルタンシーおよび管理サービスは、最新の情報および技術と組み合わせて、政策、規制および法執行手段のセットの調和を確保するために、設計されています。 貴社の特定の環境に適合した、車軸荷重管理センターの「初期段階」の設計から、既存計量所の運営を強化して、「クラスで最高のもの」との比較でベンチマーク試験を行うことまで。

弊社のサービスは、固定式計量所から24/7/365ベースの移動式運営まで多様です。

SGSは、港および国境などの入国地点、主要道路および代替通路沿いのさまざまな戦略的地点、および特に通商ルート沿いに、固定式または移動式の車両計量所を、職員とともに展開することで支援できます。 車両計量所運営は、トラックが工場または集積所から出発するとき、港湾使用料を確定するとき、貨物取り扱い装置の安全使用のため、および税関でも特に役に立ちます。 弊社では、一軸計量器、グループ軸計量器、移動式計量器(低速および高速)など、公平な計量装置により、公平なアプローチ、CCTVによる正確な計量記録、データの完全性、およびクライアントのサーバーまたはデータセンターへの送信を確保します。

弊社はまた、ナンバープレート、車両登録、道路運行許可、輸送許可および運転免許証も確認する機会も利用します。

SGSとパートナーになることで、貴社は以下の知識を得て安全を確保できます。

  • 近代的で適合する設置型および移動式計量、試験装置および手法を選択
  • 効率的にITインフラを使用して運営を支援
  • スタッフおよび管理者のトレーニング
  • 広報計画の管理

一般に、弊社の車両車軸荷重管理制度は、最もリスクの高い分野に集中して段階導入し、それから他の車両分野にも拡大します。 しかし、これは1つのソリューションに過ぎません: あらゆる実施施策は、貴社の精確な要件に合わせて用意されます。