Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

公共サービス車両(PSVs)フリートは法規に準拠するために登録され認可されなければなりません。

SGSは適正な検査、PSVsの検査と登録を実施し、フリートにある車両毎の状態監視を支援するために容易なデータベースアクセスを提供しています。

新車の登録を必要に応じて当方で行うことも、要望に従い全国、地域または都市内のフリート全体を再登録もできますので、新たなスタートが可能になります。 物理的なナンバープレートまたはPSV識別記号にはホログラム、バーコードまたは偽造防止のための取外し時の破壊等セキュリティー対策も含まれます。–このため各種の革新技術を用いています。

SGSは法定要件に合格するよう適合された車両ライセンシング管理プラットフォーム(VIMS)も持ちます。 VIMSは車検から認可まで規制当局用に完全なフリートプロファイルを作成する機能があります。 VIMSはフリートの使用年数プロファイル、初回合格率や入庫・稼動中車両の台数管理を含む詳細な報告書を作成して全ての認可後の活動も管理できます。 VIMSにより記録される基本的詳細事項には次の項目があります。

  • 車両の詳細項目(初回登録日、型式、機種等)  
  • 登録保有者、  
  • 車両保険詳細事項、  
  • 検査結果  
  • 車両変更
  • 支払詳細
  • 認可状態

認可後の運用内容

  • 免除項目 
  • 二重認可(車両が他の地元当局でも登録されている場合) 
  • 事故
  • 苦情
  • 訴訟
  • コンプライアンス

完全に登録されたフリートと詳細な管理報告により、規制当局はインテリジェンスリードコンプライアンスに関する能力を得られ、エンドユーザーが安全で快適な利用ができることを認識できます。 SGSの登録プログラムは認可済みPSVドライバーと認可済みPSV所有者/運用会社を含むように拡張することもできます。 ???? → SGSの登録プログラムは認可済みPSVドライバーと認可済みPSV所有者/運用会社を含むように拡張することもできます。 ←????